パソコンが破損してしまっても、内部のデータを復旧させる事が出来ます。

最新!データ復旧事情

PCが破損してもデータ復旧の可能性がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコン自体の破損が発生した場合データも失われるというわけではないことを説明しておきましょう。
というのも、パソコンにも脳という部分があります。
人間のように脳を破壊されるとパソコンもまた完全に壊れていましますが、人間と違って脳さえ残っていればデータのサルベージは出来るのですよ。
パソコンの脳と言われる部分はハードディスクです。
この部分が動けばデータの復旧をすることが出来るでしょう。
この方法としては幾つかの方法がありますね。
その中で一般的な方法としてはハードディスクに直接つながるというやり方です。
このやり方は実際のところそこまで難しくはありません。
単純に説明をしてしまうとハードディスクを外付けハードディスクのように扱えば中のデータを見ることが出来るのですよ。
ただし、そのハードディスクが壊れている場合、もしくは何らかの状態でデータを読み込むことが出来ないという状態になっている場合は完全にパソコンが死んでいるということになります。
それだけは覆すことが出来ません。
一応かなり分解するというやり方もありますが、基本的にそこまでしてデータ復旧することはほぼ不可能と言っても良いでしょう。
だから、つないで見ることが出来ない場合は諦めてください。
つなぐ方法は専用の機械にセットするだけですることが出来ます。
市販で販売されているのでそれを使えば問題ないでしょう。
ちなみに、破損している箇所を交換して再度接続するというやり方もあります。
すぐにデータが欲しいなら外付けとして見る方をオススメしますね。
その後にパソコンの部品交換をゆっくりしていけば良いでしょう。