危険なウィルスによるデータの破損は、安全で正確なデータ復旧の方法が必要です。

最新!データ復旧事情

ウイルスによる破壊での復旧について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
データが壊れた原因というのはいろいろとあります。
物理的に壊れたや何かしらのデータ破損などがありますね。
そのようなデータ破壊の中で一番やっかいなのがウイルスによる破壊です。
この状態になるとデータ復旧は正直なところ諦めた方が良いでしょう。
ウイルスの侵食具合にもよりますが、完全にウイルスに感染していると仮にウイルスが入っているファイルだけを切り取って捨てたとしても少しでもウイルスが残っていると再度大変なことになりますので、ウイルスに感染してしまったファイルは基本的に破棄しないといけません。
ただ、ウイルスの種類によっては問題ないかもしれませんがね。
感染と言ってもファイルを変更するようなウイルスだと危険ですが、監視するウイルスになると少しだけ話しが変わります。
それなら場合によってはウイルスを駆除して復旧することが出来ます。
ただし、結構危険であることは確かなので注意ですね。
だから、ウイルスにパソコンが完全に感染した場合はデータの復旧は出来ません。
この場合の対策としては完全に諦めて新しくデータを作っていくことをオススメします。
ちなみに、バックアップデータの日付によってはそちらにもウイルスがある場合がありますのでウイルス対策ソフトで検索するようにしてください。
問題なければそこから復旧することが出来ます。
ウイルスはかなり厄介なものですから、しっかりとあるか無いかを確認してから復旧してください。
そして、ダメになったものは破棄しましょう。